2019年新オーダーを考えてみる

FAで丸の加入が決まり炭谷や新外国人などの加入も決まりました。

そこで少し早い2019年開幕の推奨オーダーを考えてみました。

2019年開幕推奨オーダー

1番(右) 重信 25歳
2番(二) 吉川尚 24歳
3番(中) 丸 29歳
4番(三) 岡本 22歳
5番(遊) 坂本 30歳
6番(一) ビヤヌエバ 27歳
7番(左) ゲレーロ 32歳
8番(捕) 炭谷 31歳
9番(投) 菅野 29歳

悩んだポイント

レフトとライトが決まらない

丸は外野手なので外野が一つ確定するのは大きいです。

にもかかわらず後2枠で手が止まりました。

候補としては長野、陽、ゲレーロ、亀井、重信、石川、松原といったところなのですが決まらない。

最終的には重信とゲレーロにしてみました。

長野や陽や亀井はもう1年間フルで出続けることがイメージできないのです。

坂本の打順

丸を3番に置くのは誰も迷いがないかと思います。出塁率が高くホームランもあるので。

そこで今シーズン開幕3番の坂本の打順ですが、おそらく1番におく人が多いと思います。

わたしは5番にしてみました。

理由は1番バッターは足のある伸び盛りの左バッターが理想だということ。

そして5番が三振かホームランの打者より三振しにくい好打者のほうが相手ピッチャーは嫌なのではないかと思ったからです。

このほうが若き四番の岡本もフォアボールオッケーの際どいところを責められずに岡本の成績も良くなるはずです。

キャッチャーは小林か炭谷か

正直炭谷はFAでとる必要ないと思っていました。

ただとった以上は選択肢に当然入ってきます。

小林は顔もいいし生え抜きドラ1だしできれば推したい。

それでももし自分がピッチャーだとしたらどっちに投げたいか?と考えたとき炭谷でした。

小林にはあと2、3年で信頼感のあるキャッチャーになってほしいと思います。

右左が偏ってしまう

わたしの打順はみての通り1〜3番が左が続き以降右が続いてしまっています。

重信か吉川を7番に移動しようか考えたのですがすぐやめました。

キャッチャーが打力がない場合7番が足の速いヒットメーカータイプをおいても8番9番でホームに返せないので得点に繋がりません。

7番は三振かホームランかのバッターでいいです。

あとは3番丸と5番坂本の交換も考えましたがそこまで左右ジグザグにこだわる必要ないという結論になりました。

 

いかがでしたでしょうか?

いろいろなご意見をお聞かせください。

Tags: オーダー

2019年新オーダーを考えてみる」への2件のフィードバック

  1. 重信は強肩のイメージがなく守備がやや不安なので、ライトは、長野か陽になりそう。
    松原がレーザービーム持ちならば、松原もありかも。
    なので、私なら
    4吉川6坂本8丸5岡本3ビヤヌエバ7ゲレーロ9陽2炭谷
    松原が使えれば、あなさんのオーダーで重信と松原を入れ替えてみます。

    1. じつは最初に重信でなく松原にしてました。日米野球の躍動感が忘れられなくて。
      ただまだやっぱり線が細いかなーと。
      このまま化けてもらえると嬉しいのですが。

      まっくすさんのオーダーもなんか破壊力があっていいですね!2番坂本が目からウロコです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。