丸と炭谷の人的補償 巨人プロテクトリストを考える

丸と炭谷のFA加入にともない人的補償で西武、広島にプロテクトリストを提出する必要があります。

生え抜きを守れ

スポーツ紙では、せっかくのドラフト上位枠を使ってとった若手有望選手をプロテクトから外している予想が散見されます。

これはいかん。

重信、桜井は外しちゃダメ

わたしの見た記事で、重信と桜井がプロテクトリストから外されてました。

移籍組はとられないから

広島の編成の人が「年齢の高い選手であっても1年だけ使ってみるかということになるかも。」と言ったとか。

そうは言っても本音は有望な若手がいいと思ってるはず。

筆者のプロテクトリスト

プロテクトできるのは28人だそうです。

これを踏まえて筆者のまとめが以下。

プロテクト(28人)

(投手) 菅野、内海、畠、吉川、桜井
鍬原、山口 、今村、中川、澤村
高田、大江、田口
(捕手) 阿部、小林、大城、宇佐見、岸田
(内野) 吉川尚、坂本、岡本、田中俊、山本
(外野) 長野、亀井、重信、和田、松原

プロテクト外

(投手) 森福、大竹、野上、宮國、戸根、
田原、谷岡、池田
(捕手) 田中
(内野) 北村、若林、吉川大、湯浅
(外野) 石川、立岡、村上、陽

いかがでしょう。

岸田、山本、大城、宇佐見、谷岡のあたりを迷ったのですが、、

重信、桜井、松原、和田のあたりは間違っても外さないように原さん編成さんお願いしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。